【高待遇が見つかる】稼げる風俗求人サイトは!?

【LINE交換は必要なし】風俗でのクソ客・痛客ライン撃退法

 

ナイトワークの悩み相談や、好条件のお店の求人サポートをやってます。
気になることがあったらLINE@から気軽に相談してね。

\ LINEで気軽に相談してね /

巷に横行するクソ客からのLINE攻撃。
どうして彼らはクソ客化してしまうのか、その心理と対処法について今回は深堀りしていきます。

目次

お客さんは何故LINE交換したがるのか

 

そもそも、なんでお客さんってあんなにLINEを知りたがるのかしら…

確かにLINEを聞かれると、色々と身構えてしまいますよね。
面倒なことになる…なんてことも少なくは無いのが現状。

例えばこんなのや…

こんなのとか…

ただ、全てをクソ客とまとめて対応すると危険なことも!

お客さんの心理がわかれば対応も分かる!

ということで、LINEを知りたがるお客さんの心理について詳しく見ていきましょう。

特別な存在になりたい

心理
男性心理

・彼氏になりたい
・支えになりたい

発生条件
LINE交換

色恋営業をした際に発生しやすい。
しなくても自然に発生することもある。

LINE内容
面倒なことに

恋愛経験の乏しい人に多いため、必死過ぎて痛い内容が多い。
既に彼氏面をしてしまう勘違い系も多い。

↓対処法↓

色恋営業はなるべく避け、発生してしまったら優しく諭すのが◎

恋愛経験が乏しいため、冷たく突き放すと『裏切られた/騙された』という気持ちが強くなり危険です!

撃退LINE例文
  1. 気持ちは嬉しいけど今はお仕事に集中したいから〜
  2. もし勘違いさせちゃってたらごめんね?

この様にやんわりと断ったり諭してあげると危険な逆上のリスクが減るでしょう。

プライベートが知りたい

心理
男性心理

・風俗嬢又は個人のプライベートへの興味
・プライベートを知っているという優越感

発生条件
プライベートを知りたい

単純な興味は多かれ少なかれ誰しも持つものですが、先述の『特別になりたい』に変わる可能性あり。

優越感の方は自信家の人に多い傾向。
「自分になら教えてくれるだろう」という謎の自信を持っている。

LINE内容
面倒なことに

単純な興味の場合は『今何してる?』などの淡白なものが多い。

一方で自信家の人は店外を誘う人が多く、邪険にすると長文返信が届く恐れあり。

↓対策法↓

まだ恋愛感情が感じられず、興味本位だと判断した場合には早期にしっかりと釘を打つことが大切!

一方で自信家タイプはプライドを傷つけないように、かつハッキリと断る必要があります。

というのも自信家なので教えてもらえる前提に聞いてくるため、ハッキリと断らないと通じない事があります(笑)

撃退LINE例文
  1. お客さんとのLINE交換はしないことにしてるんだ
  2. 仕事とプライベートは分けないと精神的にきついタイプなんだ…
  3. 本当は交換しないって決めてるんだけど…もし本当に辛いことがあったら話聞いてくれる?
    その時にだけ連絡するね!
  4. 交換するはいいけど、基本誰にでも未読無視するタイプだよ?返信しないけどいい?

3番は頼りにしている風で、私からしか連絡しないという条件のもと交換を許可しています。

もしも「最近どう?」なんて連絡があれば「お仕事楽しいから全然大丈夫!」と返しておきましょう!

ちなみに最後の例は『本当に返信しないんだ!』ということが知れて、逆に満足してくれる人が多いのでおすすめです(笑)


姫予約がしたい

心理
男性心理

・お店との面倒なやり取りを省きたい
・姫予約ができる優越感に浸りたい

発生条件
傾向

良客やサバサバしたお客さんに多い。
たまに良客を装ってその他の目的のこともあるので見極めが重要。

LINE内容
良客GET??

サクッと予約だけの内容で良客オブ良客!

良客のフリをしている場合はダラダラとLINEを続けようとする傾向あり。

↓対策法↓

自分も認める良客であれば、身構える必要なし。
姫予約を受けるだけなら問題ないでしょう!

良客のフリをしている人は気に入られたいという心理状態のため、嫌なことは嫌とハッキリ言って問題ないでしょう。

例文
  1. 予約以外での連絡はNGなんだ
  2. プライベートと仕事は分けたいの
  3. LINEより顔見て話そうよ!お店でね(笑)

甘やかしてしまうと図に乗るタイプなので、初めが肝心です!

クソ客を楽しんでいる

心理
心理

・自分がクソ客であることを認めている
・相手の反応を見て楽しんでいる

発生条件
面倒なことに

どこにでも自然発生し、防ぐことは不可能。

普段から強いストレスを抱えている可能性あり。

LINE内容
さらに面倒なことに

店外・キチガイ・下品・暴言と何でもあり。

もはやネタの領域です。

↓対策法↓

『ブロックして接客NG』コレに尽きます(笑)

又はクソ客に対しても慈悲の心が持てるのなら、ストレスをガッツリ発散できる内容でプレイをしてあげる。

返信をする場合はネタにする気持ちで、まともに受け答えはしなくてOKです。

風俗でのLINE交換は危険がいっぱい

多くの風俗嬢が行っているお客さんとのLINE交換。

実は危険がいっぱいだってこと、知っていましたか?

タイムラインやうっかりが危険を招く

会話の内容やタイムラインから、住所がうっかりバレてしまう危険性が!

例えば写真の位置情報をオンにしていたり、窓の外から景色が写ってしまったり…

 

過去には瞳に写った景色から住所を特定したストーカーもいるのよ!

会話には細心の注意を払うことはもちろんのこと、写真やタイムラインの公開設定等にも気を使う必要があります!

仕事とプライベートの切り分けが出来ないから病む

LINEを交換するということは、いつでもお客さんと繋がっているということ。

仕事とプライベートの区別が付きづらく、精神的に休まる暇がなくなるため病んでしまうことも…

プライベートをしっかり確保しないとダメなタイプの人はライン交換は向きません!


LINE交換禁止のお店もある

良客からのお誘いで姫予約のためにライン交換…

そのライン交換お店に怒られちゃうかも⁉

風俗店の中にはお客さんとの不要なトラブルを避けるため、女の子とお客さんの連絡先交換を禁止にしているお店があります。

知らなかった場合は仕方ないこともありますが、お客さんを確保したいあまり故意の場合は最悪クビになることもあるのでご注意を!


相手にするとガチ恋からストーカーに発展

風俗で一番怖いのがガチ恋客のストーカー化です。

最悪の場合、命に関わることなのでガチ恋客の扱いには十分注意が必要です。

実際に先程紹介した話で、この様な事件も発生しています。

アイドル活動をする女性にストーカー行為をはたらき、わいせつ行為をしたとして逮捕、起訴された男が、警察の取り調べに対し、この女性の写真の瞳に映っていた景色から住所を特定したと供述した。

https://www.bbc.com/japanese/50010809

この様な危険を避けるためにも送迎ありのお店や、女の子専用出入り口を儲けているお店など対策が出来るお店を選ぶともしもの時の保険にもなるのでおすすめです!

【結論】LINE交換は必要なし!

結論、LINE交換は必要なし!

ここまで読んだ人なら分かる通り、LINEには多くのリスクが伴います。

メリットより多大なリスクを孕むLINE交換は、風俗にとって必ずしも必要というわけではありません!

逆に、LINE交換をしないとやっていけないようなお給料しか貰えていないのならそれはお店選びが間違っているかも…

第一に自分のみを守りながら、精神的にも金銭的にも安定してお仕事が出来るのが理想ですよね!

そのためにも、少しでも「合わないな〜」と感じたらLINE交換はしないことが大切です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次