【高待遇が見つかる】稼げる風俗求人サイトは!?

風俗で働くならでタバコの喫煙はNG?【指名が減るかも!?】

 

ナイトワークの悩み相談や、好条件のお店の求人サポートをやってます。
気になることがあったらLINE@から気軽に相談してね。

\ LINEで気軽に相談してね /

風俗のお仕事に興味がある女性の中には「風俗ってタバコは吸っていいの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、このページでは風俗でタバコは吸ってよいのか、NGなのかを解説します。

あわせて、風俗嬢がタバコを吸うデメリット、知っておきたい喫煙マナーなどについてもお話しするので、ぜひお役立てください。

風俗で働いてみたい方、風俗で働きたいけどタバコがやめられない方は必読ですよ!

目次

風俗でタバコは吸える?吸えない?

「風俗でタバコは吸えるか?」
結論から言うと、風俗嬢の喫煙は基本的にはOKです。

ホッとされた方も多いのではないでしょうか?
とは言え、風俗店によって働く女性の喫煙に関する事情は違いますので、詳しくご紹介していきますね!

風俗店によって喫煙ルールは様々

風俗店によって、働く女性の喫煙ルールは様々です。

  • 待機室でのみ喫煙OK
  • 喫煙はOKだが待機室ではNG
  • 接客中の喫煙はNG
  • お客さまの許可があれば接客中の喫煙はOK
  • 個室のみタバコはOK
  • 個室はタバコNG

このように、働く女性のタバコに関しては、お店によってルールがかなり違います。

 

入店前の面接で、喫煙ルールをしっかり確認することが大切ですね!

タバコを吸う女性は採用されにくい可能性もある

風俗では女性のタバコは基本的にはOKです。
ただし、タバコを吸う女性は採用されにくいお店があるのもまた事実です。

ソープやデリヘルの高級店・超高級店の中には、清楚系の女性が人気のお店も多いもの。
そのようなカラーの高級店はそもそも面接採用基準は高く、ルックス、コミュ力、マナー、出勤可能日など、すべてを総合的に判断します。

喫煙者自体が減っているのはよく知られていることですが、高級店を利用されるお客さまの中には、タバコ嫌いな方も少なくありません。

そのため、いくらルックスレベルが高くても、喫煙習慣のある女性の採用を見送るお店も一定数存在するのです。

 

高級店・超高級店は採用基準が厳しいので、タバコはマイナスになってしまうかも!

喫煙の有無をプロフに掲載するお店も

風俗店の中には、女性の喫煙の有無をプロフィールに掲載するお店もあります。
これは、主にタバコ嫌いのお客様への対策ですが、逆にプレイ中に女の子と一緒に一服したい、タバコを楽しみたいというお客様もいらっしゃるためです。

働く女性の立場から考えると、喫煙の有無を記載するお店は少なくともタバコがNGではないと、いうこと!

どうしてもタバコOKのお店を希望するなら、風俗店のHPをチェックするとよいですね。

とは言え、実は風俗で働くにはタバコがデメリットになることも多いのです!

 

なんとなくタバコを吸っている方も多いと思いますが、デメリットを知ると禁煙できるかもしれませんよ!

タバコを吸う風俗嬢は人気が出ない?喫煙のデメリット

先ほどもお伝えしたように、風俗の世界では女性のタバコはデメリットになることが多いのです。

ここでは、風俗でタバコを吸うデメリットを4つご紹介します。

指名されにくい

タバコを吸う女性は、指名されにくい傾向にあります。
最近は、喫煙者の数自体が減少し、喫煙が全般的にNGの飲食店も増えています。

つまり、風俗を利用するお客様も、タバコを吸わない方が増えているということ!

タバコを吸わないお客様の多くは、タバコを吸わない女の子を希望するため、プロフの「喫煙」の項目もチェックするでしょう。

どんなにルックスがよくて、スタイル抜群でも、タバコを吸うというだけで選んでもらえない可能性も高いのです!

リピートされない

普段からタバコを吸う人は、タバコのにおいに鈍感になりがちです。
口がタバコくさい、髪の毛にタバコのにおいが染みついていても、気づかないことも。

そして、タバコを吸わないお客様にとって、タバコのにおいや残り香はマイナスイメージになることもあるでしょう。

中には「プレイの最中にタバコを吸われて萎えた」という声も!

タバコOKのお店=すべてのお客様がタバコに寛容ではない、ということは覚えておいたほうがよいでしょう。

太客がつきにくい

風俗において「太客」と呼ばれるお客様がいるといないでは、収入に大きな差が出ます。

 

太客とは、頻繁に指名したり、大金を使ってくださるお客様のことです。

一般的に社会的地位が高い、経済力がある男性は、健康志向が強く、非禁煙者が多いといわれています。
そのため、タバコを吸う風俗嬢には太客がつきにくい可能性があるのです!

健康・美容に悪影響

タバコの成分の中には、健康に悪影響を与える成分が含まれることはみなさんもすでにご存じでしょう。

しかし、近年の研究で美容にも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあるため、過度に摂取すると、肌に酸素が届きにくなり、肌ツヤが悪くなり、しわやシミの原因に!

ほかにも、タバコの吸いすぎは以下のリスクがあります。

  • 上まぶたが下がる
  • 下まぶた(目袋)のたるみ
  • 目の下のクマ
  • 深いほうれい線
  • 上唇のシワ
  • あごのたるみ
  • まぶたの色素沈着や血色の悪さが目立つ
  • やつれて病的に見える
  • 歯肉が黒ずんでいる
引用:Cellbank

上記のような、タバコでダメージを受けた顔を「タバコ顔」と呼びます。

せっかくキレイな顔立ちでも、タバコ顔だと実年齢より老けて見えるため、風俗嬢としては致命的ですよね!

お仕事やプライベートでのストレスをタバコで解消している方は、吸いすぎに気をつけて、あくまで嗜好品として楽しむのがおすすめです!

風俗で働く際のタバコ喫煙注意点

風俗で働く際、タバコを吸うこと自体はNGではありません。

しかし、タバコを吸うことは、風俗のお仕事にはデメリットも多いため、できるだけタバコは控えたほうが人気&収入アップにはつながります。

でも、やっぱりタバコがないとダメ!というい方はこれからご紹介する喫煙マナーを参考にしてくださいね!

タバコは出勤前&後に

タバコを吸うときは、できるだけ出勤前と出勤後にしましょう。

待機室で喫煙がOKの風俗店も多いですが、一緒に働く女性の中には、タバコを煙や匂いを不快に感じる人もいるものです。

風俗のお仕事に限ったことではありませんが、同僚と良好な人間関係をキープしておくことは非常に大切!

風俗は、口コミや評判が流れやすいお仕事なので、同僚に嫌われてよいことはひとつもありません。

待機中に吸いたくなったら、お店の外に出るのがおすすめです。

個室(プレイルーム)でのタバコは避ける

個室待機の方の場合、つい個室でタバコを吸ってしまいがちです。

でも、タバコのにおいがタオルや衣服にうつってしまうことも!

喫煙しないお客様は、部屋に入った途端ににおいでテンションが下がってしまうことが懸念されます。

リピを返してもらうためにも、個室ではタバコは吸わないほうがよいでしょう。

接客前にはタバコの消臭を

風俗嬢の喫煙マナーの中で、一番大切なのは接客前の消臭でしょう。

タバコを吸ったら歯を磨いたうえで、ミント系のマウスウォッシュをしたり、時間がないときはタブレットを食べたりしましょう。

髪の毛や衣服についたタバコのにおいは、ヘアコロンや消臭スプレーが効果的です。

キスしたときや、密着したときにタバコくさいと醒めてしまうお客様も多いので、消臭は必ず実践したいものです。

お客様に断ってから吸う

リピーターのお客様や、タバコを吸うお客様の前では、つい断りを入れずにタバコを吸ってしまいがちです。

しかし「自分は吸うけど、女の子には吸ってほしくない」というお客様もいるかも!

どんな親しいお客様であっても、タバコを吸うときは「吸っても大丈夫ですか?」と聞くのがマナーです。

ちなみに、高級店の場合は、お客様の好きな銘柄を覚えておいてサッと出すと喜ばれますよQ

電子タバコも検討する

タバコのにおいは気になるけど、タバコがないのは寂しいという方は、電子タバコを検討してみてはいかがでしょう?

電子タバコは、葉を燃やさないため、煙が少ないのが特徴!

普通のタバコに比べて、有害物質が少ない銘柄もあるため、タバコの健康・美容への影響が気になる方にもおすすめですよ!

風俗はタバコを吸ってもOK!でも喫煙マナーは守ろう

今回は「【風俗で働きたい女子必読】風俗でタバコはNGってホント?」をお送りしました。

風俗でタバコを吸うこと自体は決してNGではありません。
しかし、風俗嬢がタバコを吸うデメリットも理解した上で、喫煙マナーを気を付けることをおすすめします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次